弁済させるか自力での返済が非現実的であれば自己破産手続き

*** PR ***

  • 破産の手続きをしても公的機関などから家庭に連絡がいくなどということはあり得ません。ホワイトヴェール

    従って、近親者に明らかにならないように自己破産というものが不可能とは申しません。新生児服 女の子

    ただし現実問題として、破産の手続きを申立てる時に司法機関などから同居中の親類の所得を記した書類や預金通帳の複製などという書類資料の提出を要求されるということがありますし、借入先から家庭へ事実関係の報告などがなされるようなこともままありますので、家族や親類に露見してしまわないように自己破産することが可能だという100%の確証はまずないといえるでしょう。

    確信犯的に知らせずにしておいてそれ以後に秘密が明らかになってしまうことに比べれば本当のことを偽らずに本当のことを話して家族全員の協力を得て破産の申立てを行う方が安全でしょう。

    その一方異なった場所に住む家族の人が自己破産手続きをしたのが知れ渡ってしまうことは心配する必要はないと理解しても良いでしょう。

    夫あるいは妻の債務を消失させることを主眼として離縁することを計画する早まったカップルもいらっしゃるようですが、実は夫婦である場合でもまず自らが(連帯)保証人という身分を請け負っていない限りにおいて法律的な支払い義務はないのです。

    その一方で、保証人という立場になってしまっている際はもし離縁することを実行しても法律上の責任は引き続き本人が負わなければいけないので支払に対する強制力があると言われます。

    つまり、離縁することを行っただけで貸与されたお金の支払い義務がなくなるようなことはあり得ないのです。

    あるいは現実として業者が借りた人の家族に支払の請求をしてしまうようなケースもありますが連帯保証人または保証人になっていないということであれば親と子供・兄弟というような家族の未返済金などの債務であっても当人以外の家族や親類に法律的な支払義務はあり得ないのです。

    実は貸し主が法的な支払い義務背負っていない親族へ催促を実行することは貸金業規制法における行政府の事務ガイドラインの中で禁じられているため支払の請求の実行方法によっては貸金業規制法の取立てのガイドラインに反することにもなります。

    なので支払い義務がないにもかかわらず債務をもつ人の親族が支払いの請求を不当に受けたという事実が存在するのであれあば借りたところに対し支払の請求やめるよう注意する内容証明の書類を出すのが良いでしょう。

    人情話風に借入者が可愛そうでならないからと思ってしまったために当人以外の近親者が返済義務を代わりに請け負って支払うようなこともありますが借り手本人がそれに甘えてしまいそれからも多重債務のトラブルを引き起こしてしまうことがないとは言えません。

    よって、本人の立場において斟酌すれば冷たいかもしれませんが借金を持つ本人努力で借金を弁済させるか自力での返済が非現実的であれば自己破産手続きを行わせる方が借入者本人の今後の生活には良いと思います。