考えている人で抱える借り入れに対しその保証人がいる場合には

*** PR ***

  • 破産申告を考えている人で抱える借り入れに対しその保証人がいる場合には、早い段階で連絡をしておいたほうが無難です。マイクレ

    もう一度、強調させていただきますが、保証人が存在する場合は破産の前段階に少し考えなければいけません。職場への在籍確認

    なぜなら、みなさんが破産手続きを取ってOKが出ると、その人たちが義務を全部支払う必要が生じるからです。

    なので、破産宣告以前に保証人である人に、その詳細とか現在の状況を説明し、謝罪の一つも述べなければなりません。

    これらのことは保証人の立場に立つと当たり前です。

    みなさんが破産手続きを取ることから、急に高額の債務がふりかかるわけです。

    そうして、それからの保証する立場の人の取れる選択肢は4つあります。

    まずあなたの保証人が「みな弁済する」という方法です。

    その保証人がそれら何百万円もの簡単に完済できるというようなお金を用意しているならばこれが選択できるでしょう。

    でもその場合、そのまま破産の手続きをせずにあなたの保証人にお金を貸してもらってあなたは保証人となる人に毎月払っていくという形も取れるのではないでしょうか。

    保証してくれる人が親しい関係にあるのであれば、返金期間を延期してもらうことも不可能ではないかもしれません。

    またまとめて返済ができなくとも金融業者も相談で分割支払いに応じることもあります。

    保証人にも破産宣告を行われてしまうとカネが全然弁済されないことが考えられるからです。

    もし保証人がその債務をあなたに代わり払う財産がなければ債務者と同じくある中から債務整理を選択しなけばなりません。

    続く方法は「任意整理をする」処理です。

    この手順では貸した側と話し合いを持つことによりおおよそ5年弱の期間内で返済していく方法です。

    お願いするときのかかる費用は1社につき4万円ほど。

    全部で7社からの負債があるならおよそ28万円かかります。

    確かに債権者側との交渉は自分でやってしまうことも不可能ではないですが、債務処理に関する経験や知識がない方だと相手があなたにとっては不利なプランを押してくるので注意する必要があります。

    それに、任意整理を行うとしたとしてもあなたは保証人にカネを立て替えさせることを意味するわけですからちょっとずつでも保証人になってくれた人に支払っていくべきでしょう。

    さらに3つめはあなたの保証人もあなたと同じく「破産を申し立てる」という選択肢です。

    保証人となっている人も借金した人と同じように破産を申し立てれば、その保証人の義務も消滅します。

    しかしながら、保証人が戸建て住宅などを所有している場合はそういった私財を失ってしまいますし法令で資格制限のある職についている場合影響を受けてしまいます。

    そのような場合は、個人再生という処理を活用するといいでしょう。

    一番最後の4つめの手段は「個人再生という制度を利用する」方法があります。

    不動産を手元に残したまま整理をする場合や自己破産手続きでは制限がかかるお仕事にたずさわっている人に有効なのが個人再生による処理です。

    この処理の場合、自分の住宅は処分しなくてもよいですし、自己破産のような職種にかかる制限資格にかかる制限が一切かかりません。