厳しく押さえていたなら害

*** PR ***

  • よくカードの上限額があなたが日常使うより高めに決められていると顧客は余裕があると勘違いして、考えずにカードを使用してしまったりするきらいがあるようです。ポリピュア

    このようなクレジットカードへの過度の依存を抑えておくため使用できる限度額を自主的に低レベルにしておこうという意見が文の主題です。http://artbusker.com

    利用限度額をコントロールする方法■使用カードの月の利用限度額を減らすには月ごとの限度額を増やす方法とともに、大変シンプルです。ニコノン

    お手元のカードの裏面に載っているコールセンターに連絡して「月の利用限度額を引き下げていただけませんか」等とエージェントに依頼するだけです。

    普通は現状の利用限度額に比べて低ければ面倒な査定なしでスムーズに申請が終わってしまいます。

    限度額を少なくするのは被害に遭わないようにすることとも繋がっている■月ごとの限度額を減らしておくことは、自己統制等の益以外に自分を守ることにもつながります。

    もし、使っているクレカが第三者に知らない間に使用されたような場合でもあらかじめクレジットカードの月の限度額を厳しく押さえていたなら害をなるべく避けることもできるからです。

    心配する必要はないけれど悪用されてしまったような状況でもカードユーザーに詐欺に加担するようなことがない限り、盗難保険等で呼ばれる保険があなたを助けてくれるわけだから心配はないのですけれど、数パーセントの可能性のことを念頭に置いて、普段必要ないような限度額はセーブしておいたら万全でしょう。

    不要な分の限度額はデメリットとしか言えないでしょう。