未払い金が残っているクレカの契約失効手続き

*** PR ***

  • 未払い金が残っているクレカの契約失効手続きにも冷静に⇒ショッピング枠あるいはリボルビング払い前借りなどといった未払いのお金に関する払い出しがいまだに未完了であるという状態において契約失効手続きなどをしようとすると、言うまでもない事実ではあるがカードの無効化と同じタイミングでローン残高に対して一括払いを促されるという修羅場も考えられます(一例として返済が終了していないお金を解約するというの意向なのであれば早く返してくれなどと催促されます)。

    現在の台所事情に余裕が残っている状態であればトラブルは起きないのですが手持ちが無い時期にこのような契約失効手続きなどを実行してしまうのは飛んで火に入る夏の虫と思われるので確実に払い込みが一息ついてからカードの機能停止を実行するように気をつければ無難と考えられます。

    無効化に及んだ際どの程度自分のクレジットを使って精算にかかる費用がどれくらいかを責任を持って確かめた後で使用不可能化に及んで下さい。

    無効化上のマージンのかかるクレカもあるので注意しよう⇒ここ数年、あまりにも限られた状況ではありますが特殊なカードサービスに関しては使用取りやめ上の必要経費に類する費用が生じてしまう場合があります(限られたVISAカード等)。

    特別な条件ではあるので考慮せずとも不都合は生じないと言えますが、カードを使用登録してから特定期間内で機能停止を実行するときに関しては使用取りやめのための代金という望まざるべきものが求められる制度になっているのですから、そのような契約失効手続き上の必要経費を支払いたくないのならば、契約書などで定められた月数をスケジュール帳にでも書いてよく利用してから契約失効手続きを実行してもらうようにした方が良いでしょう。

    尚、心配しないでほしいのは、上述したような状況は使用取りやめしようとした場合に電話オペレーターサイドから通告ないしは言い渡しというものが当然のこととして伝えられるはず。

    通知もしないままいきなり使用取りやめにかかるお金といった類いのものが引かれてしまうことはないようですから気軽に解約をカスタマーセンターに相談してみればあなたが所有しているクレカに解約のための代金が支払わなければいけないか否か聞いて下さい。