例外的にその年式にプレミアが付いている車は

*** PR ***

  • 自分の車の売却額をできるだけ大きくするのには、、自動車を売る時期タイミングというものも影響してきます。ハワイ旅行記&持ち物準備のコツ

    所有する自動車をちょっとでもお得に乗り換えることを前提とすれば数点の注意点があるんです。ハワイ旅行記

    車の買取査定ポイントとして重視される点に走行距離がまず考えられます。

    通常走行距離は、自動車の消費期限とみなされることも多くありますので、その車の走行距離が長い分だけ査定にはマイナス材料になります。

    走行している距離が500キロと6万キロでは当たり前ですが中古車の売買相場は評価がことなります。

    基本的には走行距離だけで見れば短いとそれだけ車の売却額は高値になりますが実際のところそれほど突っ込んだベースラインはないため一定の目安で査定されます。

    例えば普通車だと年間標準走行距離1万キロが基準としてこの線以上走っているとたいていマイナス査定の要因になるなどです。

    軽自動車だと年間走行距離が8千キロがまた年式が古い割に走っている距離がかなり短い場合でも、見積額が高額になるとは限りません。

    年式や走行距離についての売却額査定のポイントは年式と比べて適切な走行距離かどうかということです。

    車も当てはまりますね。

    また車の初年度登録からの経過年数も売却額査定のポイントなのです。

    十分に理解しているんだというようなかたもたくさんいると思いますが、基本的には年式に関しては新しければ新しいほど買取査定では高評価が出やすいのですが、例外的にその年式にプレミアが付いている車は、古い年式の車でも高く見積してもらえる場合もあります。

    二つ目に車検も重要です。

    当然、車検にはお金が掛かっている分車検までの期間が大きいほど売却額は上積みされると思うと思いますがそういったことはなく、実際、車検直前でも直後でも車の見積額には全然影響がありません。

    フルエアロの車凹みのある車、というような車種のタイプも査定に関係してきます。

    車検時期が近付いてきた車は売り時としても望ましいです。

    つまり査定を高くするために車検直後に買取査定してもらおうというのはお金と手間がかかるだけでほとんど意味がないということになります。

    他にも業者に自動車の査定を依頼し、買い取ってもらう好機として2月と8月が狙い目と言われている時期です。

    なぜかと言いますと自動車買取業者の決算の時期が3月と9月というところが多くあるからです。

    ですから例えば、1月に売ろうとしたらあとちょっと待って2月に自動車の売却額査定を専門業者にしてもらって手放すのも良いと思います。

    自らの都合もあると思いますので、皆が皆機会に買い取ってもらうなどというわけにもいかないかもしれませんが可能ならばこういった時期に手放すのが良い結果になりやすいと思います。