続ける事ができればその内勝てるかもしれません

どこにでもあるFX取引のテキストでは、「差損が生じたケースではナンピン買いによってポジションの価格を小さくする」等と記述されていますが正直それには相当大きな危険があると思います。はっぴぃタイム

まず最初に、ナンピンの手法に関して分かりやすく説明しておきます。ミレイズ

仮に1ドル100円でドルを買ったとする。あきゅらいず

$(ドル)買いなのでドル高に進むほど利益が出るわけだが思っていたのとは逆に1ドル95円まで円高に向ってしまったとします。きらりのつくりかた

この状態でポジションを所有し続けたら、損失が戻るためにはマイナス分、ドル高が進まなければならない。松尾ジンギスカン

誰もが、損失はなるべく早く無くしたいと思うでしょう。ソワン

これを解決するため最初に取引したのと同じ額の$(ドル)を、買い増しする。ミリオンキングダム

そうすると、全体の単価は1ドル=97.50円まで抑える事が出来ます。キッズアイランド

これで、2.50円の幅で円安ドル高に推移すれば損を失くせます。ジェイウェルドットコム

こういったことがナンピン買いの理屈です。リップルキッズパーク

このような、ナンピン買いの手法を目にすると、「もっともだ」という風に思うが、為替相場は易々と上手くはいきません。

元々、95円が下値だということなど誰一人として分かりません。

為替相場が相当の円高基調であれば、1ドル=95円では下げ止まらずにより一層円高が加速する危険性があります。

例として、97.50円でナンピン買いをするとしても、1ドル=95円まで円高に向ったらナンピンした分についてもマイナスが生じます。

そういう状況では一番初めに保有したポジションとトータルで、2倍のマイナスを被ることになります。

それほど、ナンピンは大変です。

それでは、為替相場が己の物語とは別の方向に素早く進んだ場合どのような方法で危険をコントロールすればいいのでしょうか。

この場合選べる術は2つだけあります。

まずはじめは執着しないでポジションを諦める事です。

別の方法としては、その時に、自分自身が持っている買いポジションを少なくする事によって、外国為替市場がリカバリするのをひたすら待ち望むことです。

だいぶ後ろ向きな対策だと言う投資家もいるだろう。

しかしながら、自分の持っている買いポジションに損失が生じた場合、一番効果のある対策はそれ以外には期待できない。

勿論、ロジックとしてはナンピン買いをする方法もあるように思えます。

しかしナンピンは、マイナスになっている状態でポジションを小さくするどころかそれとは逆に買いポジションを増やしていく方法です。

これでは、危険を回避することなどどこをどうやっても不可能だと考えるべきです。

ナンピン買いを続ける事ができればその内勝てるかもしれません。

けれども、それ以前にお金は不足してしまいます。