若年者のクルマ離れです

*** PR ***

  • 最近、総じてどの自動車保険を取り扱う会社も保険料増加を行っています。

    運転者を守る保険が料金の値上げをするということになってしまうと私たちの生き方に甚大な打撃を与えると考えられます。

    それでは、どういうわけで保険が値上げされているのか、わかりますか。

    そのことの原因としてよく言われるものは、概して2項目あります。

    まず一つ目はお年寄りの乗用車所有者が増加していることがあります。

    自動車を所持しているのがまったくもって当たり前の状態になってしまったことから、お年を召した自動車ドライバーも増えつつあります。

    その上この国全体が高齢化社会を迎えつつあるといった時勢があるせいで、日増しにさらにお歳を召した自動車ドライバーが割合的に増えていくようです。

    老年期のについては、一般的に言って保険料が手ごろに決められているゆえ自動車保険会社にとっては、さほどうま味がありません。

    当然ですが、保険の料金が低いのにトラブルを起こされてしまうとコスト的に割高な補償費用を支払わなければいけないという事情があるからです。

    こういったケースでは、損をするリスクが通常よりも高いと判断されるため、保険会社は保険の料金を値上げするという手段に及ぶしかありません。

    そして、2つ目の原因に挙げられるのは、若年者のクルマ離れです。

    高齢の運転者は増えている傾向にありますが、反対に若い年代は乗用車というものに憧れなくなりつつあるのが現状なのです。

    そのような裏側にはどんな事情があるかと言うと電車・地下鉄・バスなどの移動に関するインフラの発達と経済的なものです。

    安定した職業に就くことが難しい若い世代が多数であるということから買う経済力がないという人も当然多くいるのです。

    また、経済的に豊かな時期であればクルマを持っている事がステータスでありましたが長年の不況も影響してか車を持つ事がステータスであるなどとは言いにくくなってきました。

    そういった理由で、月々の掛金がお年寄りより割高な若年世代の契約数が減っているのが現状です。

    このような様々な問題が積み重なって自動車損害保険会社も保険料つり上げに踏み切っていると思われます。